薬剤師によるアトピー治療法情報サイト

脱ステロイド

 

ステロイド
アトピーの方なら必ず聞いたことがある薬です。使用経験のある方も多いと思います。
薬剤師として多くの病院から処方箋を受ける仕事をしている私も毎日必ず見ます。

 

アトピーの人はステロイドに対して恐怖心を持っている人が多いと思います。
なぜなら、重症アトピーの場合、効かなくなっていくためです。いや、そのように錯覚するからです。

 

まず、私の経験を話します。
大学でアトピーが再発し、病院に行ったら、ステロイドの塗り薬が出され、使いました。最初は効くけどだんだん効かなくなっていく。医師に言ったら次は1ランク強いステロイドが出されました。また効かなくなっていく。やがて最強ランクまできて、それも効かなくなっていく。結局最強でも良くならず、アトピーは、悪化する一方。ステロイドが怖くなり、やめてみる。するとリバウンドですね。物凄いかゆみが続き、皮膚はやぶれ、汁が出て、布団は血だらけ、寝れなくなる。結局ステロイドをまた使い、だましだまし使っていく。

 

こんな経験された方多いんではないでしょうか?

 

これは、薬に頼った思考がもたらした悲劇です。
まず、アトピーに対してステロイドの考え方を改めなければなりません。

 

ステロイドとは、
出ている症状を押さえ込む薬です。
これは治すわけではなく、あくまで抑えるだけです。
正しい治療とは、
悪ければステロイドを使い、出ている症状を押さえ込む。
その間に、食事や生活から来るアトピーの原因を知り対策する。
するとだんだんかゆみが引いていくので、ステロイドのランクを下げていく。
最終的に食事や生活に気を付けて、ステロイドをやめる。

 

こんなにうまくいくのかよ!と、私も最初は思いました。
しかし、うまく行った私がいます。
根本治療をはじめてからステロイドを離脱するまでの期間は約1年でした。長いよ!と思う方もいるとは思いますが、徐々にかゆみがなくなって、皮膚も良くなっていくのは、改善が実感できて、嬉しいです。周りの人にも「キレイになったね!」と言われるようになります。本当に涙が出るほど嬉しいです。この経験を通して、自分への自信も付きますし、何よりかゆみとさよならできるのが至福の喜びです。
多くのアトピー患者さんが、この喜びを手に入れて欲しいです。

 

 

さて、私は治療中、こういったステロイドとの付き合い方をしてきたので、よく言われる壮絶なリバウンドを経験していません。(大学の時一度少し経験しましたが、治療段階では経験していません。)
どうも、ネットではステロイドは悪と言われ、脱ステ→リバウンドを経験しないと、アトピーは完治しない、という記事を良く目にします。しかし、リバウンドは壮絶です。社会から離脱しないと耐えられないと思います。そして、残念ながらリバウンドしたからといって、アトピーは治るわけではありません。そのまま緊急入院してしまう方もいます。

 

そうではなく、アトピーの根本の原因を知り、そちらを改善する。そして、徐々にステロイドを弱め、離れる。
何度も言いますが、こんな事できたら苦労しないよ!と私も思っていました。しかし、現に私は脱ステロイドできました。
薬剤師という医療従事者の立場からではなく、アトピー完治を経験した患者の1人として、
壮絶な脱ステロイドをせずとも、食事と環境改善でアトピーは治る!
と、アトピーに苦しんでいる方々に言いたいです。

脱ステロイド 関連ページ

脱保湿