薬剤師によるアトピー治療法情報サイト

砂糖の種類と減らす方法

 

私はアトピー治療に取り組む際、
「砂糖は悪いもの」
という認識をしっかりと持ちました。
甘いものを食べると、腸内環境を悪化させてしまいます。アレルギー反応が起こりやすくなり、かゆみが出現してしまいます。それは、アトピーの改善の大きな障害です。

 

しかし、それでも甘いものは美味しい!砂糖を断つことが第一目標ですが、全て断つことは目標として高すぎる。実際挑んでみましたが、私の根性では難しかったです。そこで、基本は食べない。しかし、どうしても食べたいときはどうすればいいか?を考えました。そして以下のような甘いものとの付き合い方にたどり着きました。

 

それは、砂糖の種類を知り、悪い糖と、良い糖を知る。
良い糖なら食べていい。
2週に1回なら悪い糖も食べてもいい。

 

えー、これが、私が行動を重ね、失敗を繰り返しながらたどり着いた方法です。甘ちゃんな私の根性でも実行できる妥協策ですので、多くの人が実行できると思います。

 

砂糖の種類を知る

 

私は、世間的な糖の分類ではなく、アトピーに対する影響を考えて糖を以下のように分類しました。

 

悪い糖@白砂糖
最悪な糖です。確実にアトピーには害です。完全に断つのがベストですが、美味しいものにはたくさん入っている困ったやつ。
世間的に分類されている、上白糖、グラニュー糖、粉砂糖、角砂糖、氷砂糖、は全てこれに含みます。市販の甘い加工食品は、ほぼこれです。原料はサトウキビで、熱帯地でとれるため、体を冷ます働きがあります。サトウキビを原料とし、数段階の工程を経て、不純物をほとんど取り除いたもの。不純物がないため白色です。白い砂糖は悪と覚えましょう。

 

悪A三温糖
こいつも悪者です。茶色っぽくてミネラルが入っているし良さそう!という覆面を被ってはいるが、成分はほぼ白砂糖と同等という悪者です。お!色ついてるし良さそう!と思ってスーパーで買わないようにしましょう。
ウィキペディアにも
「三温糖の方がカリウムやナトリウム、カルシウムなどを「わずかに」多く含むが、砂糖の使用量を考えれば微々たるものであり、三温糖の方が身体に良い、というほどの差は存在しない。」
とありますし、私も無知であったころ買って使っていましたが、アトピーは悪いままでした。原料は白砂糖と同じくサトウキビです。

 

善@てんさい糖
そこそこな糖です。アトピーの人には、救世主的な糖。我が家の料理用砂糖はこれです。こいつがいてくれて、本当に良かった。我が家では、神が作りたもうた糖と呼んでいます。
原料は砂糖大根(別名てんさい)といい、寒冷地でとれるため、体を温める働きがあります。
また、てんさい糖に多く含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌などの腸内善玉菌のエサになるため、腸にもやさしめです。(だからといって摂りすぎはダメです)
精製度も低く、ゆっくりと消化吸収されるため、血糖の上下もゆるやかです。それでいて甘い。糖の中では一番アトピーにおすすめ。
我が家は、ホクレンのてんさい糖を使っています。

 

善A黒砂糖
そこそこな糖です。サトウキビのしぼり汁を煮詰めたもの。精製度が低いため、ゆっくりと消化吸収されますし、ビタミンミネラルが豊富です。独特の風味があり、美味しいです。ただ、原料がサトウキビであるため、体を冷やす作用があり、てんさい糖には劣りますが、白砂糖よりは、優秀であるため、良い糖として扱います。

 

善B生はちみつ
甘いので糖として我が家では扱っています。そこそこな糖です。はちみつの中でも、生はちみつを我が家では使っています。
生はちみつとは、非加熱のはちみつで、常温で固形です。ビタミンミネラルが多く、有機酸が腸内環境を整えてくれますし、酵素が生きています。
スーパーで売っているはちみつは、加熱済みのものがほとんどで、常温で液体です。加熱しているため、酵素が死んでおり、体には毒という専門家もいます。その中でも中国産は要注意で、水あめや人工甘味料でかさ増ししているものもあるといいます。せめて中国産は避けましょう。
我が家は、iherbでこちらの生はちみつを使っています。→
湯せんして溶かせば、とても豊かな甘みを持ち、料理やお菓子作りに利用したり、はちみつレモンとして飲んだりしています。

 

 

以上のような糖の種類を知り、状況に合わせて、てんさい糖、黒砂糖、生はちみつを上手に使い、普段の甘いもの欲求を満たしましょう。
注意しなければいけないのは、いくら、良い糖だからと言っても、糖は糖です。食べ過ぎれば、かゆみも出ますし、アトピーも悪化します。
ただ、甘いものは、禁止されると食べたくなるもの。ましてや、麻薬と言われる砂糖ですから、それをコントロールするための手段として、良い糖を活用しましょう。

 

 

2週に1回なら悪い糖も食べていい

 

そうは言っても、やはり市販の甘いものは美味しい。コンビニやスーパー、外食産業には、甘い誘惑が多すぎます。外出すれば、嫌でも目につき、ストレスになり、いつか爆発してしまうかもしれません。
そのガス抜きのため、2週に1回なら悪い糖を食べても良い日を作りました。私は、開放日と呼んでいます。
この開放日は、何を食べても良いのです。ワクワクです。どこに食べに行こうか、何を食べに行こうか、あるいは、何を作って食べようか、考えるだけでワクワクします。開放日があると、日常にもメリハリがつきます。開放日のために、通常日は我慢する力が上がります。
もちろん、開放日の後は、アトピーは悪化します。悪いものを食べているのですから。しかし、漫然と甘いものを食べ続けるよりは、普段の我慢のご褒美をあらかじめ決めておくことにより、結果的に甘いもの摂取量を下げようという目的でこの方法を作りました。
そして、今もこの方法は続けており、アトピーは良いままです。

 

 

そういう意味で、甘いものを断つ根性のある人ならば、このページ必要ないかもしれません。しかし、私のように、
「アトピーに悪いのはわかっているけど、食べてしまう。そのたびに自己嫌悪になってしまう。」という方に対しては、おすすめの方法です。